着圧ソックス 効果 夜

夜用着圧ソックスは効果あり?【楽して美脚を目指せるのがコレ】

このページでは夜用着圧ソックスは効果と、楽して美脚を目指せる商品を紹介しています。

 

夜用着圧ソックスは効果あるの?

 

効果ある夜用着圧ソックスを探している

 

という方はぜひ参考にしてください。


夜用着圧ソックスの効果

歩きすぎた時や、水分を取りすぎた時等は足がパンパンになって辛いですよね。

 

足のハリを解消するのにはマッサージや、医師にかかること、運動が必要です。

 

ですが、そんな時間が無い方は夜用着圧ソックスが向いています。

 

寝ている間にソックスが血の流れやリンパ液の流れがスムーズにいくようサポートしてくれるので、翌朝の辛さが軽減されます。

 

また午前中は体内が活発に老廃物を排出しようとする時間なので、寝ている間の老廃物の流れがスムーズだと足の辛さの軽減がより期待できるのです。

 

そんな夜用着圧ソックスですが、色んな種類が合ってどれがいいか迷いますよね。

 

次から人気の夜用着圧ソックスを紹介しますので、参考になれば嬉しいです。


夜用着圧ソックスおすすめスランキング

おすすめ夜用着圧ソックス1位 スラリスリムの特徴

・伸縮性が高く耐久に優れたエラスタン繊維で作られているので、足の太さに合わせて伸びる

・着用時に締め付けすぎないよう、場所によって加圧を変え足のツボを刺激する

・血流をスムーズにするサポートのため、ふくらはぎ部分の加圧は強め

・睡眠時に邪魔にならないよう計算された部分加圧

・長さがニーハイになっているので太ももまでしっかりサポート

・オープントゥ(つま先が開いている)ので、足指が蒸れにくい

価格 税抜き1750円
評価 評価5
備考 送料500円
おすすめ夜用着圧ソックス1位 スラリスリムの総評

素材が柔らかな履き心地とストレッチ性に優れていて、今まで試した就寝用の着圧ソックスがきつくて続けられなかった方でも履きやすい商品です。

加圧も太もも部分は弱めなので、しめつけがきついと感じる方も少ないでしょう。

色がブラック、パープル、ピンクと選べるので、好みの色を選べるので、部屋着に合わせられるのも嬉しい点ですね。

履き替え用に数着欲しい方には、お得なセット販売もあるのでそちらも検討の価値ありです。

 

おすすめ夜用着圧ソックス2位 アミドボーテの特徴

・足首、ふくらはぎ、太ももと3段階で加圧されており、加圧力が強いので通常のストッキングより履くと細く見える

・ヒップやお腹もホールドして程よく引き締める

・抗菌加工の他にUV対策成分も施されている

・品質管理に拘って、人の目と手で1つずつ確認している

価格 税抜き1480円
評価 評価4
備考 メール便送料無料、3枚申し込むともう1枚追加でもらえる
おすすめ夜用着圧ソックス2位 アミドボーテの総評

サロンの現場の声を聞きながら開発された着圧ストッキングで、ヌーディベージュとブラックの2色展開されています。

加圧が強い分着用時は通常のストッキングより時間はかかりますが、履いてしまえば細い足とヒップアップが1つでかないます。

サイズ展開もMからLLまであるので、丈が足りないということも無いでしょう。

通常のストッキングより割高ではありますが、丈夫に作られてもいるので伝線しにくくコスパも悪くありません。

 

おすすめ夜用着圧ソックス3位 レッグドレナージュの特徴

・足首からふくらはぎにかけての加圧差が大きいので、血の巡りをサポートする

・使われている繊維によって遠赤外線が発生する

・ブラックのシンプルなソックスタイプなので、どんなシーンにも使いやすい

・サイズはS、M、Lがあるので、ふくらはぎの太さを優先して選べる

価格 税抜き5500円
評価 評価3
備考 送料無料
おすすめ夜用着圧ソックス3位 レッグドレナージュの総評

レッグドレナージュの主素材、光電子繊維は有名スポーツメーカーの冬物にも使われる素材です。

保温効果だけでなく、不要な水分の蒸散を助ける働きがあるのでムレにも悩まされにくいのが嬉しいですね。

履いているだけでも暖かくムレにくいので、足の辛い疲れ以外に冷えがきつい方におすすめしたい商品です。

手軽に買える値段ではありませんが、デスクワークや立ち仕事の方が愛用していることからも、足の辛さのケアが期待できます。

夜用着圧ソックスがむくみ防止になる理由

日中に溜まったむくみを解消せず翌日に持ち越すことを繰り返すと、血液循環が悪くなり老廃物や余分な水分が足に溜まって足が太くなる原因にもなります。

 

血液の循環が悪くなると代謝が悪くなったり、冷えの悪化に繋がることもあります。

 

夜のうちにむくみを解消するのは健康にも美容にもプラスになるんですね。

 

ふくらはぎの働きを助ける

ふくらはぎは第二の心臓と言いますが、着圧ソックスは滞りがちな静脈の血流とリンパの流れを促してくれます。

 

むくみは足のだるさや冷えを引き起こすだけでなく、場合によっては慢性静脈不全や下肢静脈流といった病気に繋がることもあります。

 

夕方に指で足を押した後にすぐに戻らない方は、夜用着圧ソックスの着用をおすすめしたいです。

 

夜用着圧ソックスなら着圧が眠りを妨げることもないので、夜の間に血の巡りを良くするサポートに使うと翌朝の辛さが減りますよ。


夜用着圧ソックスの履き方夜用着圧ソックスの履き方

着圧ソックスを履くと足は楽になりますが、謝った履き方をしていると逆効果になることがあります。

 

着用する時のポイントをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

圧が正しい位置で履く


着圧ソックスの加圧の強さは足首、ひざ、太もも、商品によっては、膝部分まで異なります。

 

使う商品のパッケージにどこがどの強さで加圧されているか書いてあるので、自分の体と加圧場所を合わせて履いてください。

 

また圧が強いので一気に履くと位置がずれやすく、ソックスの生地自体も傷む可能性があります。

 

繊細なストッキングを履く時のように、足先から順番に丁寧に皺を伸ばしながら着用してくださいね。

 

長時間の着用は避ける


着圧ソックスで血行の流れをケアすることは体にいいことですが、長時間の着用は足が持つ本来のポンプ機能が衰えてしまいます。

 

夜間に着用するなら日中は普通のソックスを履くなど、時間を決めて使用するようにしてください。

夜用着圧ソックスの選び方

夜用の着圧ソックスも色々あって選ぶのが大変ですよね。

 

選ぶ際のポイントを紹介しますので、参考になれば嬉しいです。

 

自分のサイズに合っているか


フリーサイズのものは関係ありませんが、大体のソックスにはサイズがあります。

 

自分のふくらはぎや太ももの太さをメジャーで測って、あらかじめ知っておくことも大切です。

 

太ももやふくらはぎのサイズと合うものを選んで着用すること。

 

きつすぎて履けないなら着用をやめるようにしてください。

 

夜向けに加圧が低いものを選ぶ


夜は横になって寝るので、体の血流はスムーズになります。

 

この時にあまりに強い加圧のものを選ぶと、ポンプ機能が強すぎて体に良くありません。

 

自分の足に合わない圧だと症状が悪化したり、皮膚トラブルやうっ血等の合併症が起きる事があります。

 

以下の加圧の強さを目安に夜用着圧ソックスを選んでみてくださいね。

 

・足首:10〜20hPa(ヘクトパスカル)

 

・ふくらはぎ:10〜20hPa

 

・太もも:5〜15hPa

夜用着圧ソックスの注意点

効果を得るにはすぐ着用を辞めないこと

辛い時だけの着用で足のハリが軽減される方はいいですが、むくみが酷い方は一日での解消は難しいことが多いです。

 

着用していて痺れや痛みを感じたので無い限り、夜履いたまま寝ることを続けてみてください。

 

数週間もすれば朝の足の辛さが軽くなっています。

 

持病がある方は使用しない

自分のしびれや痛みを感知しにくい方や、糖尿病の方は使用できません。

 

ですが、下肢静脈瘤といって足の表面に血管が瘤のように浮き上がっている方や、出産前後の方は履くことを推薦されています。

 

医師にかかっていて着用に不安のある方は、相談してから購入することをお勧めします。


1位のスラリスリムがおすすめの理由

スラリスリムはニーハイタイプなので太ももまで血の巡りをサポートしてくれる点がいいですね。

 

個人的な感想ですがニーハイタイプは、トイレに行く際に脱ぎ履きの手間が無いのが嬉しいです。

 

オープントゥなので、履いたまま足の爪の手入れや足の指先のマッサージを出来るのもメリットです。

 

ワンサイズだけど伸びがよく履きやすい


伸縮性に優れた素材なので、予想以上に伸びがよく履くことが出来ます。

 

私自身これは履けないかもと思いつつ説明書通りに履いてみたら、しっかり太ももに沿ってくれたので驚きました。

 

どうしても太もも部分が入るか不安がある方は、電話で聞いてみるのもいいかもしれません。

 

ふくらはぎが一番加圧が強い

ふくらはぎは第二の心臓と言われるくらい、下半身の血流を動かすポンプの役目をもっています。

 

マッサージしたり揉んだりするだけでも効果はあるのですが、中々時間が取れない方も多いですよね。

 

スラリスリムはふくらはぎの加圧が一番強いので、血流ポンプの役割をサポートしてくれます。